通販OKの中古ボート商品・ロッドビルディング(制作)・修理パーツを中心に、小さなパーツ一個からでも販売いたします。

KISAKA (キサカ) グリスガン【ピストル型】 [91-37288Q2]

KISAKA (キサカ) グリスガン【ピストル型】 [91-37288Q2]

販売価格: 4,180円(税込)

在庫あり
数量:

商品詳細

KISAKA (キサカ) グリスガン【ピストル型】

■トレーラーに注入しやすいチューブ型グリス用グリスガン
チューブ型グリス用グリスガンです。
本体のネジ部分にグリスチューブを取り付けて使用します
(本体シリンダー部分、ホース部分にグリスが充填されるまでは「エアがみ」をしますので、グリスチューブを搾りながら取り付けをしてください)。

■トレーラーの車軸へのグリスアップの必需品
トレーラーをお持ちの方で意外と「知らない」「やっていない」という人が多いのがトレーラーの車軸へのグリスアップ。
これはかなり重要なメンテナンスです!
このトレーラーの車軸へのグリスアップは誰でも簡単にできるメンテナンスの一つです!
トレーラーの車軸へのグリスアップのやり方はただ車軸にグリスを注入するだけです♪
こんな簡単なトレーラーの車軸へのグリスアップの作業を怠ると・・・
走行中に車軸が焼けてしまい、最悪車輪が脱落してしまいます!
そんな大事故にならないようにトレーラーをお持ちの方ご自身でメンテナンスしましょう!

■トレーラーの車軸へのグリスアップの頻度は?
トレーラーの車軸へのグリスアップの頻度についてですが、バスなどの淡水使用の場合で2ヶ月に一度ぐらい、海釣りなどの海水使用の場合で1ヶ月に一度を目安にしています。
半年〜1年も交換していない方が多数おられます。
トレーラーの車軸へのグリスアップは車軸のパーツであるハブやオイルシールが正常な状態なのかを判断する作業にもなります。
もし、トレーラーの車軸へのグリスアップを行ってグリスが漏れている等の異常があればハブやオイルシールの異常も考えれます。
トレーラーの整備箇所は非常に少ない箇所の一つなどでぜひ、トレーラーの車軸へのグリスアップは定期的に行ってください!
また、余分なグリスがついた場合はちゃんとふき取り、ドロ汚れや塵が付着しないようにしましょう!
ベアリング用ダストカバー(ゴム製のキャップ)をかぶせてください。

【LEDランプ LEDライト LED車幅灯 トレーラー 水上バイク ジェットスキー バイクトレーラー カーゴトレーラー 通販 安い キャンピングトレーラー ボートトレーラー トレーラー灯火パーツ ソレックス サントレックス sorex  suntrex BLAST TRAIL ブラストトレイル メンテナンス】